イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]






6回無死満塁での無得点。言うまでもなく、今夜はあそこが全てだった。
いくら森福が絶好調とて、三者凡退であっさり終了はあまりに悲惨である。
希望が絶望に変わった瞬間、怒声混じりのため息の先には、やはり今夜もこの男がいた。







ペナント終盤の快進撃の中で最も存在感をみせた選手は、攻守の要・谷繁だった。
8月の戦線復帰以降、まるで若返ったような打棒と緻密なリードでチームを引っ張った谷繁。
年間通して沈黙していた打線も、谷繁が元気だったあの時期だけは面白いように打ちまくり一気に優勝へ駆け上った。

その谷繁のバットから快音が消えてから、なんと31打数。
CS5試合、そして今夜の第4戦まで、ポストシーズン通して一度も単打すら打てていないのだ。
元々2割ちょいの打者とは言え、いくらなんでも酷過ぎる内容。
9人の野手のうち2人が自動アウトでは、点など入るわけがなかろう。

正直、リード面ばかり注目されていた谷繁が、まさか逆シリーズ男になるとは想定外だった。
第2戦で川崎の盗塁を刺した時点では「さすが!」と評されていたのに、一転して戦犯扱いである。
だからと言っていきなり小田をスタートから出すのも安易この上なく…。うん、困った。


また昨夜の記事ではホークス打線を爆発させなければ勝てると書いたのだが、
結果的に2点に抑えたにも関わらず負けたのは、素直に読みが外れたと認めざるを得ない。
まさか無死満塁で点が入らないほど打線が深刻だとは思っていなかった。
ここまで来ると、もはや流れだの展開だのは関係なしに「勝てるわけがない」レベルである。

投手陣は最強ホークス打線を相手にめちゃくちゃよく頑張っていると思う。
普通ならこれだけで充分勝てるはずなのに、勝てない。
それといって怪我人もいない、投手は上出来。なのにナゴヤで勝てない。
はっきり言おう。手詰まりである。


打開方法は、まともな野球のスコアとして見れる程度に打つこと。
采配どうのこうのではなく、ただひたすら「打てよ!」と。もう、それだけ。
それでダメなら諦める…のはまだ早いので、最後に皆で出来るとって置きの方法をひとつ紹介しよう。

明日の試合開始直前、この季節ならすっかり暗くなっている時間だろう。
窓を開けて空を見上げ、強く中日の勝利を願えば…、きっと叶うはずだ。






しし座流星群に願いを!



ピークは明日の夕方以降だという。まさにドンピシャの時間帯。
谷繁、そして打線の復活は、流星に委ねられた!?




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ん~と、しし座っと・・・
森野 将彦
島 祥平
長峰 昌司
山本昌
森越 祐人
小熊 凌祐
ソト
吉川 大幾
小林 正人
こんなところかな?

よし、ダブル先発で、
5回まで山本昌
んで8回までソト
9回を小林だぁ
んで4番森野←

はっΣ(・・;)
谷繁の要素がない←

とりあえず星座パワーで森野の確変に期待!
2011/11/17(木) 14:57:45 | URL | ユウ #d3r4kFfU[ 編集]
コメント返し!
◆ユウさん
すごーい!わざわざ調べて頂いて感激です!

どうやら今夜も星座効果虚しくますます深刻化してますね…。
今季最悪な状態がよりによってここで来ちゃった感じです。
2011/11/17(木) 21:33:40 | URL | いくと #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/19(土) 20:47:28 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/916-20473adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック