上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

nihonsiries20112_20111115213609.jpg







勝った。負けたら終わりの試合に勝ち、明日も野球が見られることになった。
もうここまできたら勝ち方への不満など言うまい。1点だろうが2点だろうが勝ちは勝ち。
最後までエースの役割を全うした吉見、そして岩瀬、浅尾には手放しで拍手を送りたい。


特にCS以降フル回転でひたすら勝ち続ける吉見の投球は今夜も圧巻だった。
前回登板では試合を作りながらも決して絶好調ではなく、ピンチの多い苦しい内容だったが、
今夜は二度目の対戦にしてなんと前回を遥かに上回る投球をやってのけ、7戦へと導いた。

6回裏、川崎から始まる三人をわずか7球でしとめたところが今夜のハイライトだったと個人的には思う。
「ここがポイント」「この回がポイント」という要所要所を危なげなく切り抜け、
なおかつピンチにも動じず傷口を最小限に留める技術は、さすがエースといった感じ。
杉内、和田というダブルエースを右腕一本で撃破した吉見に誰が文句をつけられようか。
最多勝確定時に、「下位球団から稼いでいるだけ云々」と書いていた記者もどきは土下座して詫びるべきであろう。



さて、球団史上最長の8年間に渡って中日の指揮をとってきた"落合監督"も明日で見納めとなる。
約10年に一度の優勝を地元圏内で祝ってきたローカルチームの意識を根底から改革し、
8年間で四度の優勝という眩いばかりの黄金時代を築き上げた大監督である。
一方でその手法、プロセスを理解できない者には徹底して嫌われ抜かれた監督でもあった。

何を言っても、何をやっても世論は二分し、互いの主張は平行線を辿るばかり。
価値観の違う者同士は決して理解し合えないのだと、この8年でイヤと言うほど痛感した。
宗教じゃないが、落合中日は「信者」か「アンチ」かのいずれかしかない、そんなチームだったように思う。


だが落合監督の言動を巡る論議で盛り上がれるのも、もう明日で終わりである。
明日の試合は、例え負けても腹が立ったり怒りを感じたりはしない気がする。
勝つに越したことはないが、負けても穏やかに「お疲れさん」と言えるだろう。

たぶん明日の第7戦ってやつは、8年間でも初めて味わうような不思議な感覚で臨む試合になる。
うまく言えないが、過去にも未来にも通じない独立したゲームとでもいうか。
かの有名な「10.8」が、「10.8」という独立した特殊な試合、ひいては特殊な一日であったように、
明日という日もきっと朝起きた段階からふわふわ浮いたような妙な気分で過ごすことになるのだろう。







11月20日、日本シリーズ第7戦。落合中日最後の一戦は、「本当の天王山」で完結を見る。



落合中日、来る最後の一日にエールを!
    
スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.11.19(Sat)23:19 | 落合博満GM | Comment : 08 | Trackback : 00 | 
お疲れ様です。
ついに泣いても笑っても最後の大一番ですね。

どう見ても相手が押してるように見えるのに勝ってるというペナントと全く同じゲーム。
ここに来てこれほど中日野球が徹底されてるとは、改めて驚きます。
(打てないだけじゃんというツッコミは無しで)
解説者もファンも若干引く位の徹底振り(笑)

こんな大舞台でも野球スタイルが全く変わらない大人のチームだけど、
今年は、昨年の悔しさと、8年間共に戦ってきた監督のラストゲームだという、
選手達の内なる想いが、ささやかな秘密兵器となってくれる事を願って
最後まで応援したいと思います!









nagoming #- | URL | 2011.11.20(Sun)00:00 [ 編集 ]
そして伝説へ
球場どころか街全体、そして、マスコミの大半の大逆風の中に突っ込んでいって、その中で普段通りの野球ができるというのは、一体どれほどの精神力と気持ちによるものでしょうか。
活躍できた選手も、そうでなかった選手も、また、監督をはじめとする首脳陣の方々と関係する全ての人たち。
感動と涙、そして感謝しかありません。
4勝0敗ですぐ終わるのは理想だけども、落合監督と選手たちをできるだけ長い時間見ていたいと考えていた先週の日曜日から火曜日まで。
でも、現実はそんなに甘いものではなく、地の底まで落ち込んだ二日前。
それでもしかし、結果として、最長の期間、彼らが見れることになるとは。
この幸せに感謝しつつ、明日の試合を楽しみましょう。
そして伝説へ。

※延長引き分けというのも、それはそれで伝説。

knkn01 #- | URL | 2011.11.20(Sun)00:33 [ 編集 ]
骨の髄まで
落合と落合野球をその根本から理解するからこそ徹底アンチであり続けた“アンチ落合”と、落合を理解できないからこそ信じる“落合信者”。

野球を観る目線に人間性やイデオロギーまでもが持ち込まれてファンに議論される程の妖怪。落合博満。

どれほどの人間が、落合という校長が解任され去る前に退学させられ、又は自主退学したことだろうか。

私たちは残り、こうして今日という最後の日まで居た。

この支配からの、卒業。闘いからの、卒業。

卒業 #- | URL | 2011.11.20(Sun)03:16 [ 編集 ]
泣いても笑ってもあと一戦ですね。
ゆうべのスポーツニュースで、試合前にインタビューを受けた谷繁がホームで3連敗について「それがどうした」と一蹴。森野選手会長も「下を向いている選手はいない」と言ってました。
「落合監督をもう一度胴上げしたい!」
相手チームのような派手なパフォーマンスないけれど、内に秘めた熱いものを最後まで見届けます。

けいけい #- | URL | 2011.11.20(Sun)09:45 [ 編集 ]
決着へ…
「下位球団から稼いでいるだけ云々」と書いていた記者もどき
↑そんな輩がいたのか…
それで記者を名乗るとは(--;)
吉見は憲伸の穴を十分に埋めて、十分竜投エースの役目を果たしていると思うのだが・・・


そんな奴はおいといて、
いよいよ今日!でラストです><
バイトの関係で9時以降しか見れないけど…そこで勝ってることをただただ祈るだけ…
名将・落合の最後のタクト、しかと見届けましょう!



ふと、思ったのが、
坂○ってさ、日本Sナゴド3連戦でガッツポーズしてたのかn(ry

ユウ #d3r4kFfU | URL | 2011.11.20(Sun)09:59 [ 編集 ]
最後の一日。良いタイトルですね。

泣いた日もあるし笑った日もたくさん。勝っても負けても私は
感謝しかないです。

ukon #- | URL | 2011.11.20(Sun)11:08 [ 編集 ]
さらば落合
正義は実践された。

西武亜流が西武本流に勝てないのは自然の理だった。

戦力を潰し続けた中日の悪夢は、人間社会の倫理に忠実に、敗戦と共に終わった。

今日は8月15日。





軍部(東条英機=落合博満)に支配され壊滅した中日は、現首脳陣が刑に服した上で、再生されねばならない。

幣原喜十郎が高木守道。

そして

吉田茂が立浪和義。



中日は正常な立ち直らなければならない。

たとえ来年最下位でも。

高度経済成長へと道しるべを、誰かがつけるであろう。

その時、邪道守銭奴落合が果たし得なかった、中日の黄金時代が始まる。

卒業 #- | URL | 2011.11.20(Sun)22:51 [ 編集 ]
更新まてずに失礼。
落合監督、これまでありがとうございました。
またいつか。その日まで。

どらどら #- | URL | 2011.11.20(Sun)23:07 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ