イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




落合中日を彩った名選手たちを振り返る回顧企画。

前回お知らせした通り、この企画で取り上げる選手は「昨年までに中日を退団した」のが原則である。
8年も経つと、もしかすると新規ファンの方には馴染みの薄い選手も登場するかも知れないが、
その辺りも歴史の長さを感じる要素のひとつとして楽しんで頂けたらと思う。

まずは黎明期にあたる3年間(04~06年)にチームを支えた名選手たちを何回かに分けて振り返ろう。
第一回の今回は、この懐かしいバッターから。





高橋光信



みっちゃんのあだ名で愛された高橋光は、黎明期の落合中日を象徴する名サブプレイヤーだった。
当時のチームは「一芸に秀でた選手」を重宝する傾向が非常に強く、
外野守備の英智、内野守備の渡邊らと共に控え野手として常にベンチを温めていたのがこの高橋光だった。

高橋光の役割は「代打の切り札」。
パンチ力や打撃技術が決してずば抜けていたわけでもない高橋光がこの役割を射止めたのは、
「存在感」という実に抽象的な一芸が他の打者よりもほんの少しだけ秀でていたからである。
だが、そんな曖昧な一芸でも、時と場合によってはチームに勝利をもたらす武器になり得る。


印象的だったのが04年9月7日の巨人戦(東京ドーム)だ。
2位巨人との直接対決の第1Rは、首位攻防にふさわしい緊迫感あふれる展開となった。
試合はエース川上から序盤に3点取った巨人が1リードしたまま終盤に突入。

追いすがる中日は8回表、アレックスの同点打を含む猛攻で二死満塁とし、打席には井上。
この日既に2安打を打っている好調・井上に対するは、右の速球派リリーバー・中村隼。
逆転するには絶好のこの場面で、なんと落合監督は…代打を告げたのだ。
しかも右投手に対し、左の井上に代えて打率2割きっかり(この試合時点)の右の高橋光を出したから仰天した。

セオリー無視の意味不明な采配。もし外れたら非難轟々なのは目に見えている。
強いて分析するなら、この日までに安打より四死球の方が多い高橋光の選球眼と出塁率に賭けたというところか。
だとすれば井上が「打つ」確率よりも高橋光が「選ぶ」ことに賭けたわけで、やはり采配としては斬新すぎる。
誰もが首を捻るであろう珍妙な采配だが、これが的中した。


なんと、結果はストレートの押し出し四球
驚異の「存在感」を放つ代打・高橋光はバットを振るまでもなく逆転の打点を挙げたのである。
この試合を境に切り札として覚醒した高橋光は、翌週には9回一死から完封目前の井川から同点2ランをぶっ放ったり、
翌年の開幕2戦目に今度は大魔神・佐々木から逆転サヨナラ弾を放ったりと大暴れした。

一般的にはこれらのホームランが語られることの方が多いが、私にとって高橋光といえばあの押し出し四球。
「存在感」という数字には表れない特性を最大限に生かしたあの打席で私は野球の奥深さを知り、
また史上最強打線の愛称で259発ものホームランを放ったこの年の巨人を、バットを振らずに倒したのも衝撃的だった。


私の野球の見方をたった一打席にして変えてしまったと言っても過言ではない、忘れられない名シーンである。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
高橋光信選手は、私も大好きな選手の一人でした。
選球眼の良さは印象的ですし、何よりも「出塁率を重視した」代打の切り札というのが今までになかったので最初は非常に衝撃的でした。

でもよく考えてみれば実際のところは単打一本も四球もチーム全体という視点で見ればそう価値が変わるものではない事に気付きました。そういった意味では四球を選ぶ事に特化した高橋光信選手を見ていると落合監督の目指したい野球がどのようなものであるかが当時少しずつわかってきた覚えがあります。

個人的には落合中日の初年度を語る上では決して欠かすことのできない存在だと思っています。
2011/11/24(木) 22:03:55 | URL | いがらし #-[ 編集]
コメント返し!
◆いがらしさん
今になって数字だけ振り返ってみると、全然大したことないんですよね。
四死球も特筆するような数じゃない。
ただ、間違いなく04年の優勝を支えた一人であり、印象的な打席が多い打者でした。
野球は数字だけでは測り知れない競技だなと改めて思います。
2011/11/26(土) 23:25:28 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/921-44c44ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。