上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




就任当初から1点差を守り切る野球を貫き通してきた落合中日。
その中において、04年から4年連続で50試合以上に登板した鉄腕リリーバーがいた。
まだ浅尾もいなかった頃のリリーフエース。今夜紹介するのは、その男である。





岡本真也



華奢で端正な顔立ちの現リリーフエース・浅尾とは対照的な、山男風の出で立ち。
巨漢から放る150キロ前後の直球と落差の大きい縦スラを武器に、岡本は連日投げまくった。
7平井→8岡本→9岩瀬と繋がる勝利の方程式は球団史でも屈指の名リレーだったと思う。

特にキャリアハイの04年は75回を投げて85三振を奪うなど「空振りが取れる投手」として活躍し、
一発長打タイプの多かったラビットボール全盛の当時、岡本は他球団の打者にとって脅威となった。

だが「空振りが取れる」縦スラはその特性上、どうしても暴投のリスクを伴うボールでもある。
そのため満塁など暴投の許されない場面では直球中心の配球にせざるを得ず、痛打を浴びることも少なからずあった。
また元々制球には難があるため四死球も多く、決して出てきたら安心という投手ではなかったのも事実である。
良くも悪くも豪快。そんなイメージの強い岡本の一番有名なシーンは、やはり豪快なあの「被弾」になるのだろう。


04年日本シリーズ3戦目に西武・カブレラに打たれた満塁弾。
最近では落合監督が采配から"情"を捨てるきっかけになった一打として回顧されることが多いが、
あのときも一発しか狙っていないカブレラに対して真ん中付近へ直球を置きに行った末の悲劇だった。

他にも06年10月7日に横浜・村田に打たれた逆転3ラン、西武移籍後にまたしても日本シリーズで、
今度は巨人・ラミレスに打たれたサヨナラ弾など、とにかく岡本には「被弾」のエピソードがついて回る。
しかしそれは前述の通り縦スラを持つがゆえの二面性であり、当たり前だがピシャリと抑えることの方がずっと多かった。



中でも私が推したいベストシーンは04年8月11日の巨人戦(ナゴヤ)での登板だ。
4.0差で迎えた真夏の首位攻防の2戦目。前日をエース川上で取り、この日は山本昌で勝ち越しを狙う中日。
対するはこの日勝てば200勝を達成する工藤。
目の前での快挙達成は絶対に避けたい中日は、序盤から効果的に点を取り7回までに5-1とリードを保つ。

しかし強打の巨人もさすがの粘りで追いすがる。8回表に高橋聡が一死一三塁のピンチを迎えて4番小久保に回った。
ここでたまらずリリーフーエース・岡本を投入するも、この時点で33ホーマーの小久保には四球を与えてしまう。
一死満塁の大ピンチとなり、打席にはペタジーニ。絶対絶命。

この日スタンドで祈るように観戦していた私は、数秒後に歓喜の絶叫をすることになる。
初球の直球を打ったペタジーニの強い当たりはサードゴロ併殺となり、あっという間に0点で切り抜けたのだ。


このときほどベンチに帰る岡本の背中が格好良く見えたことはなかった。
この勝利で5.0差に離し、以降優勝へ駆け抜けた04年のターニングポイントとなる場面だったと思う。
二ヶ月後のカブレラの被弾も、この勝利があったからこそ進むことのできた舞台である。

そう考えれば岡本真也のハイライトは、あっちでなくこっちだと私は思うのである。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.11.27(Sun)23:00 | 岡本真也 ※ | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
う~ん。懐かしい場面がたくさん出てきますな。
あのスライダーはすごかった。
間違いなくDのピッチャーを支えてくれた功労者ですネ。

ukon #- | URL | 2011.11.27(Sun)23:26 [ 編集 ]
いわゆる「劇場型」の投手で、ヒヤヒヤさせられる事が多かったですが、
本当によく頑張ってくれましたし、良い投手でしたよね。

あの「縦スラ」って、大塚晶則直伝なんですよね。


このオフに楽天から戦力外通告されてましたが・・もう引退するのかな?

カズ #- | URL | 2011.11.28(Mon)00:52 [ 編集 ]
良くも悪くもあのふてぶてしさ。

やっぱり中継ぎはあのくらい図太くないと投げれないんだなって思わせてくれた投手の一人でした。

打たれた時は文句も言ってしまうけど振り返るとみんないい選手ばっかりだなぁ。



だい #- | URL | 2011.11.28(Mon)07:12 [ 編集 ]
コメント返し!
◆ukonさん
過小評価されてますね。
史上最強の2006年を支えた功労者として讃えられるべきです!

◆カズさん
炎上したあとは叩かれることも多かったですよね(笑)
確かに今の高橋浅尾に比べれば不安でしたが、好きでした。
泥臭い昭和の香りのする選手でした。

◆だいさん
リアルタイムだと文句ばっかり言ってました(笑)
ほんとに振り返ってみたときに存在の重さに気付きますね。

いくと #- | URL | 2011.11.29(Tue)23:16 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ