上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




プロ野球の世界に身を投じた者のほとんどが何の実績も残さずユニフォームを脱いでいく。
普段華々しいスターたちの活躍ばかり見ているとつい忘れがちになるが、
野手ならヒット1本、投手なら1勝することがどれほど険しく大変なことか。
今日はその第一歩に完全に手が届きながらもスルリとこぼして現役を去ったある男の話。





佐藤亮太



当ブログではこの投手のことを過去に5度ほど書いたことがある。それだけ期待の若手だったのである。
しかし、まさかキャリアを0勝で終えるとは思ってもいなかった。
ポテンシャル的にも技術的にもローテの谷間を任されるくらいの能力は充分持っていたはず。
では一体佐藤亮には何が足りなかったのだろうか。私はずばり「集中力」だと思う。

人生に幾つかの分岐点があるとして、成功を収める選手はそれらの場面を必ず自分のものにする。
"ここが一番大事なんだ、ここをなんとかすれば勝てるんだ"。
いわゆる「持ってる選手」というのはそういうのを感覚的に察知して集中力を増すことができる。
それが佐藤亮には無かった。それどころか、一番の勝負どころでことごとくトチって勝利を逃してきた。


象徴的だったのが08年7月23日のカープ戦。8年間の落合中日でもこれほど残酷な場面はそうそうない。
まだプロ未勝利の佐藤亮は要所を締める投球で4回終わって4安打1失点のまずまずの内容。
1点リードのまま迎えた勝利投手の権利のかかった5回表も、単打を挟みつつ簡単に二死を取った。
二死二塁で打席には元中日のアレックス。

カウント1-2から投じたスライダーをアレックスは空振り。球審が右手を挙げた。三振である。
プロ初勝利の権利を得た佐藤亮は渾身のガッツポーズでベンチに戻ろうとした…そのとき「待った」がかかった。
「ファール」。空振りではなく、ファール。一手遅れて球審が下した判断に、一度は安堵した佐藤亮の心は大いに乱れた。

あいかわらず有利なカウントのはずなのだが、結局アレックスには四球を出してしまう。
二死一二塁となって四番の栗原。







逆転3ランを浴び、続く嶋にもヒットを許したところでお役御免。
あと一球で泣く投手は山ほどいるが、一度は勝ったはずの勝負を仕切り直して泣くのは珍しい。
あまりにも可哀そうな結末。だが打たれたのは佐藤亮自身に他ならない。これが佐藤亮の力なのだ。

もしここで勝っていたらその後の行方も変わっていたかもしれないと思うと、人生とは残酷なものだ。
同じような才能をもってプロの門を叩く大勢の若者たち。
成功するか脱落するかの分岐は、こういう場面で踏ん張れるか否かにかかっているのかもしれない。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.12.23(Fri)12:54 | 佐藤亮太 ※ | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
この試合も覚えています。
翌日の中スポの一面が、佐藤亮を茶化すような内容の記事で、川上が怒ったらしいですね。


潜在能力は、川井や小笠原くらいのものはあったと思いますが・・。
何気に、ケガも多かったみたいですね。

プロで成功できるか否か、その命運を分けるのは、本当に紙一重の差なのですね。
興味深いです。

カズ #- | URL | 2011.12.24(Sat)21:52 [ 編集 ]
あの一球がなかったら、今のドラゴンズのエース格…、
いや、ローテを埋めていたかもしれない投手

現実は小説より奇なりとはいうが、
現実にもこんな劇的で残酷な幕切れもあるんですね・・・。

ユウ #d3r4kFfU | URL | 2011.12.27(Tue)10:43 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ