イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




09年秋、長きに渡って中日を支えてきた二人の選手がユニフォームを脱いだ。
一人は言わずもがなの立浪和義。
引退試合の最終打席を代名詞の二塁打で飾った姿はまさに千両役者そのものであった。

そしてもう一人。あの試合の三日前、9月27日に一足早くセレモニーを終えたのがこの男である。





井上一樹



涙でくしゃくしゃになりながら戦友たちへの感謝を告げるその姿に胸を打たれた方も多いはずだ。
派手な演出こそないものの、非常に井上らしい素晴らしいセレモニーとして印象深い。


最初からスター街道を邁進してきた立浪とは違い、井上の歩んできた道は険しいオフロードだった。
ようやく一軍に定着したのがプロ入り9年目の98年。このとき既に27歳。
一気にブレイクした翌年の99年以降も、レギュラーを確約されていたシーズンは一度として無かった。

関川、李鍾範、大西、福留、アレックス、李炳圭、英智、上田、平田…。
毎年のように競争にさらされ、その中でもなんとかしがみついてきた一軍の舞台。

しかし、どんなに不調でもファンにも首脳陣にも見離されなかったのは、この男の人柄ゆえだろう。
井上を語る上でこの言葉は欠かせない。選手としての能力や技術よりも、まず人柄。
それがあっての井上であり、引退してわずか2年で二軍監督に就任したのも、その人徳の深さを物語っている。


決して突出した能力があるわけでもなく、通算成績も至って平凡。
久々にスタメンで出場したこの引退試合も、見せ場なく4タコに倒れた。
だが4打席目に凡退してベンチに戻る際、スタンドからは万来の拍手が贈られた。

スターには程遠いが、誰よりも愛された男の花道は、たくさんの涙と笑顔に彩られた。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
立浪もそうですが、彼ももう少しやれたような気がします。
2年後に打線がこんな状態になるのなら、もう少し現役でいてほしかったですね(笑)。


あまり主役になる事はありませんでしたが、頼りがいがあって、応援したくなる選手でした。
選手会長を務めた時は、ファンサービスにも熱心に取り組んでくれましたね。

人柄と言えば、何の賞かは忘れましたが、上戸彩などの芸能界の大物に交じって、表彰されていた事がありましたね。

今年から二軍監督で、いきなり優勝しましたし、指導者の資質がありそうですね。
いつか、一軍監督をやってもらいたいと思います。明るいチームになりそうですよね!

背番号「99」とか、ピンク色のリストバンドとか、何かと個性的で忘れられない選手です。
2011/12/24(土) 22:02:35 | URL | カズ #-[ 編集]
彼の人柄はプロ野球選手にとってお手本になりますからね。
指導者として、若手にも慕われているでしょうし…まだまだ頑張ってもらいたいですね。
2011/12/25(日) 14:57:55 | URL | ユウ #d3r4kFfU[ 編集]
 個人的には06年の甲子園で藤川から打ったホームランを生で見たので思い入れの深い選手ではあります。立浪よりも指導者としての資質があるように思えるので、いつか監督になってくれたらなぁ……って思ってます。

 
2011/12/26(月) 10:11:23 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/937-84b2f9dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。