イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

4年ぶりの復帰が決定しても、もう誰も川上をエースと呼ぶ者はいない。
それは川上が落ちぶれたからではなく、その称号を冠する新たな投手が現れたからである。

吉見一起
川上の退団と入れ違いで先発ローテの柱を任された男は、その年いきなり16勝を挙げ最多勝に輝いた。

前年の2008年も10勝を挙げており、2008~2011年まで4年連続で二桁勝利を継続。
これは川上が2004~2007年にマークした記録と並ぶ年数であり、今季は「川上超え」の5年連続が期待される。
またプロ6年間で通算57勝は、川上が同じ時点で挙げていた通算42勝と比べると、いかにハイペースかが分かる。


さてここまで書いておいて何だが、実は今日の主役は吉見ではなく、川上でもない。
かつて上記のような成績を期待されていた元エース候補…と書けばピンと来る方もいるだろう。
入団から一貫してチームのエース番号を背負う男、





中田賢一



次期エース候補と言われていたのも今は昔。
すっかり朝倉と共に過去の人と化した中田賢も、昨年の今頃はまだ話題の中心だった。

OP戦で好結果を残し、吉見が怪我で出遅れていたこともあり開幕投手の最有力に。
大役こそネルソンに譲ったものの、黒星スタート翌日の2戦目に登板。チームの初勝利を託された。
だがここでスレッジに2HRを浴びるなど4.1回5失点と炎上し、一気に期待値はドン底に落ちた。
結局6月以降は怪我もあって二軍生活が続き、春先の好調が嘘のような無惨なシーズンとなった。

今や先発ローテの一角に数えられることすらなくなった中田賢にとって、今季は背水の一年になりそうだ。
リリーフ転向で再起を図るとの情報もちらほら聞こえてきているが、
それなら長年の課題である制球力を磨かなければ話にならないわけで、正直厳しいと思う。


もう年齢も30歳。殻を破れぬまま実働年数だけが増えていくのがもどかしいのはファンも同じだ。
糸を引くような直球で強打者をねじ伏せていたかつての記憶も、もうすっかり滲んでしまった。
冬の運転中に曇った車のフロントガラスは外気導入ですぐに取れるが、記憶の曇りはそうはいかない。

ポテンシャルは誰もが知っている。落合前監督も「こんなもんじゃない」とよく言っていた。
鮮やかに視界を広げて生き返るか、滲んだ記憶の彼方に埋もれるか。背番号20の孤独な戦いが始まる。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
吉見と中田賢、歳もプロ入りも大体同じな2人のエース候補が、どうしてこんなに差がついたのかと考えると、やっぱりコントロールが大事だという事なんですね。
でも中田賢の場合は、それを意識し出してから、おかしくなっちゃったんですよね・・。

もう若手ではありませんが、老け込む歳でもありません。
真っすぐの威力は、まだまだ衰えてはいないと思います。

ナゴヤドームのマウンドに「20」がいないのは寂しいです。
先発でも中継ぎでも、輝く姿をまた見せてほしい!!
2012/01/28(土) 23:20:47 | URL | カズ #-[ 編集]
制球ではなく、球威でねじ伏せるタイプの投手だからスクランブルのある中継ぎには向いてない気がする・・・

それに、エースナンバーが中継ぎなのは少し抵抗があるかな・・・

朝倉も、中田も、頑張って這い上がってきてほしい><
2012/02/01(水) 14:29:09 | URL | ユウ #d3r4kFfU[ 編集]
2012年、中田くんは頑張ってますよ!!!!!
2012/06/14(木) 02:13:49 | URL | こう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/945-ebfcef35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック