イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




川上憲伸が中日に戻ってくる。中スポがそうスクープして4日が経った。
事はとんとん拍子で進み、昨日早くも沖縄入り。そして今日、入団会見が行われた。

まだ素直に川上復帰を受け入れられないファンも沢山いるだろう。
メジャー失敗の受け皿のように中日が扱われたことに怒っている方もいるかもしれない。
4年前、円満に海を渡ったならともかく、半ば喧嘩別れのように出て行った経緯が余計にそうさせる。
私も「ふざけんな」という気持ちが心の片隅に無くは無いのだが…、やっぱり許してしまうのだ。


私にとって川上は非常に、非常に思い入れの強い選手である。
私が中日ファンになったのは1995年頃、小学3~4年生のときだったと思うが、
当時の選手たちは皆ファンになる前から既に在籍していた選手ばかりだった。

そんな中で1997年のドラフト会議でドラ1入団してきたのが明治大学の川上だった。
評判通りの活躍で勝ち星を重ねるルーキー川上を初めて生で見たのは1998年7月4日。
当時入手の難しかった巨人戦のチケットを父親が仕事の伝手でもらってきたのである。

年に1,2度しかない野球観戦で、それも天下の巨人戦。もちろんナイターの全国中継だ。
朝から非常に興奮していた記憶があるが、この試合に先発したのがたまたま川上だった。
結果を書くと、川上は巨人をわずか5安打に抑えてプロ初完封を飾った。
少年だった私は、初めてキャリアのスタートから応援するこの若き右腕に心底惚れた。


その後は川上見たさに川上の登板日を狙ってチケットを買うほどのファンになり、
2008年までに何十回川上の先発試合を観戦したか分からない。
そして驚くべきことに、その全ての試合で中日は勝利を収めた。
2005年の開幕戦も、2006年の優勝試合も、その年の日本シリーズ第一戦も。
この13年間、未だかつて「負ける川上」を一度たりとも生で見たことがない。
いつだって川上は私の期待に応えてくれたのだ。

誰がなんと言おうと川上は私にとって絶対のヒーローである。
だからどんな経緯があろうと、球団旗をバックにした入団会見を見てしまうと許さずにはいられない。





おかえり、憲伸!



今までで一番好きだった野球選手・川上憲伸が中日に帰ってきた。
私にはそれだけでもう充分である。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も川上が大好きなので「お帰り」と言ってやりたい。
ただ、いくとさんと違うのは、川上の投げる試合は負け試合の方が
多いです・・・・
2012/02/01(水) 09:23:56 | URL | ukon #-[ 編集]
けんしーん!
おかえりー!

やっぱ11番かぁ~
憲伸の背番号、って印象が強いですからね^^;
2012/02/01(水) 14:34:17 | URL | ユウ #d3r4kFfU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/948-3828709b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック