イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

プライドを失ったら人はおしまいだと思う。
どんな人にだって身分相応のプライドがあって、それを捨ててしまったらもはや尊厳をなくしたも同然。
リビングデッドと化すのである。

しかし何事も「度合い」というものがあり、あまりに高いプライドは時に成長を妨げかねない。
適度なプライドと適度な謙虚さ。これらを両立させたとき、初めて大きな成長が生まれるのではなかろうか。


野球選手も、入団当初は手探り状態の中で誰もが謙虚に練習に励み、試合に臨むが、
実績を積むにつれ徐々にプライドが謙虚さを置き去りにし、やがて自信過剰になる場合が多い。
こうなると、契約更改時などに世間ズレした発言をしたりと、しばしば周囲を不快にすらさせてしまうのだ。

長らく中日のエースといわれたこの男も、渡米間際の数年間はまさに「プライドの鎧」を着込んだかのようだった。







億単位という大金を毎年手にしながら、感謝の言葉もなしに不平不満をぶちまけてきた川上は、
さらなる栄光を目指して単身渡米、破格の待遇で夢のメジャーリーグに挑戦した。
だが、結果は擁護しようのないほどの大失敗。日本で着込んだガチガチの鎧は無惨にもぶち砕かれた。


その川上が3日のOP戦(vs.広島)で1256日ぶりにナゴヤのマウンドに帰ってきた。
あれだけの大口を叩いて出て行ったにも関わらず、のこのこと戻ってきた格好である。
しかも給料は当時の10分の1ほどに激減した。これでダメならもはや笑い者レベルだ。

それでも川上はナゴヤで再び野球をすることを選んだ。昨日、久々のマウンドを無事降りて、言った。
「(ナゴヤドームは)すごく居心地がいい。自分の家よりも居心地がいいくらい」。


「プライドの鎧」を脱ぎ捨て、新人時代のような丸裸の謙虚さを取り戻した背番号11は、どんな夢を見せてくれるだろう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いくとさん!はじめまして。
初コメです。

何の気なしに日刊スポーツのweb見てたら、目に飛び込んできたので、見させてもらいました。

僕的には、共感しっぱなしな内容だったので、これからも楽しく見させてもらいます。

同じ世代で、けんしん愛も
ヒシヒシと…。

2012はいろんな意味で楽しみな事が、ほんとに多い年だから、毎晩スポーツニュースが待ち遠しい。。。

これからも楽しみにしてます!

ジョイナス!
2012/03/05(月) 14:40:05 | URL | ひとし #wwUnS3Y2[ 編集]
燃えよ ドラゴンズ
帰ってきた ケンシン がんばれ ケンシン
大リーグ時代 いい内容の時も あったと記憶しています。
野球人生 ケンシン がんばってください
高木ドラゴンズ V3 がんばってください。
2012/03/05(月) 19:40:55 | URL | 村石太CD #Dl8NClMM[ 編集]
プロ野球研究会(名前検討中
プライドはいらない時がある。
プライドなんて 捨ててしまわなければ
現実の中で ジレンマとの戦い
男は 最後のプライドを 守る時もある
生活できれば いいという人も この世には たくさんいる
開幕2戦目 勝利投手 おめでとう ケンシン投手
2012/04/01(日) 18:15:04 | URL | 村石太CD&キムタク #/mtpAvqI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/958-2f7b3a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック