イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

過度な期待はしたくないので、敢えて高橋周平については何も書いてこなかったのだが、
今日の楽天戦での打席を見て噂に違わぬ大物っぷりを実感した。
5回裏二死1,2塁。代打で登場した周平は、OP戦とは思えぬほどの沢山の地元ファンを大いに魅了した。

相手の加藤は、近年不調とは言えかつてオリックスで抑えを務めた実績ある投手だ。
球そのものの威力は衰えても、新人を捻るくらいの技術は優に持っている。
その投手に簡単に追い込まれた周平は、しかしここから驚異の能力を見せつけた。


「たぶん落ちる球に釣られて空振り三振だろう」

なまじ野球を知っているファンの多くは、追い込まれた段階でこう思っただろう。
昔も今も、若手と外人を料理するには鉄板の攻めである。
ましてや先月まで制服を着ていた18歳。結果は火を見るより明らかだ。

だが3球団競合のスーパールーキーは違った。
まず追い込まれたからの初球。
逆方向へ流した打球はぐんぐん伸びてファール線わずか数十センチ左のフェンスに直撃。
三振どころかあと少しで逆転HRという打球に観客、そしてベンチが息を飲んだ。

仕切り直しの2球目。三振前のまぐれ当たりという格言もあるように大抵は期待外れに終わるのだが、
ここでも空振りを狙った執拗な変化球に柔軟に対応してふたたびファール。
さらに3球目も泳ぎながらもなんとか食らいつき、並外れた対応力に客席からは拍手が贈られた。

結局4球目でセンターへのフライに打ち取られたが、これだけの内容をみせてくれれば満足。
簡単に空振りに倒れる諸先輩たちとは一味違うことが分かっただけでも充分な収穫である。







野本なんかは何百回やらせても落ちる球に手を出すわけで、
実績無いのにちゃんとカットなり見逃しなりできる周平はやはりセンスが違うのだろう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あんまりこっちのテレビでは中日の戦力についての話題がないなぁ、とかとか思ったりしてる最近ですが、

こういう話題を見てると案外今年も優勝行けるんちゃう?とか思ってしまったり←


将来見越して、ずっと1軍に置いとくのもありかな~なんて思ったり
ファンと共に・・・ならこういうアピールもありなんじゃないかなぁ
2012/03/25(日) 18:21:18 | URL | ユウ #d3r4kFfU[ 編集]
加藤はすっかり衰えましたが、一応元セーブ王ですし、そんな投手相手にこれだけ内容のある打席を見せられるというのは、やはり並の高卒ルーキーではありませんね。

将来を考えると、二軍でじっくり育てた方が・・という気もしますが、清原や立浪も1年目から一軍でやってましたし、技術と体力があるのなら、一流の才能は一流の場所で磨いた方が良いかもしれませんね。


野本・・そういえば彼もドラ1でしたね。
開幕スタメンでもあったんですが・・。

9歳も下のドラ1に負けて悔しくないのか!!
さっさとブレイクしなさい!! 
2012/03/26(月) 04:32:08 | URL | カズ     #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/960-5cd4de3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。