上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




負け試合を引き分けたと考えるか、勝ち試合を引き分けたと考えるか。
評価は分かれるところだが、とりあえずリリーフ大量動員が無駄にならなかっただけ良しとしよう。
田島に早くも酷使の気配が漂っているのは気になるが…。


さて、それよりも今夜は非常に納得いかないシーンがあったので、それについて意見を書きたい。
問題のシーンは1回裏一死満塁・村田を迎えたところ。
"お話にならない"ほどの度を越したグダグダの川井が、押し出し死球を与えた場面である。

死球とは文字通り、打者の死に直結しかねない危険な投球へのペナルティとして課せられるものだ。
あれだけ硬いボールを操る以上、何が起きてもおかしくないのが野球の怖さでもある。
ちょうど今日、大竹が藤井彰に与えた危険球がまさにそれを象徴している。


一方で、川井が与えた死球はどうだったか。
死球を宣告された村田は、痛がる素振りも見せずにスタコラと一塁へ歩いて行った。
それもそのはずである。










ダボダボに着たユニフォームのお腹の余りにかすっただけ。
解説の立浪氏も言っていたが、おそらく本人は当たった感触すらなかったのではないか。
皮膚への接触がないのだから当然だ。ボールが当たったのは布であって、皮膚じゃない。

これがまかり通るなら、小錦にヒップホップのジャージ着せて立たせば良いということになる。
今なら少なくとも藤井淳志よりは役に立つだろう。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.04.10(Tue)23:12 | 他球団 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 そう言えば村田はこの方法で豊田からさよなら死球を獲得したことが……

 あの時も「大きめのユニフォームを着ててよかった」などとお立ち台で言ってましたが、正直あのダボダボのユニフォームはプロとしての鏡となるとは言い難く、好きじゃありません。

 最近の巨人の負けっぷりの真相は村田の負け癖も一緒に移籍してきた、っていうオチだったら最高なのに……と考える今日この頃です。

 ちぐはぐな采配も目立ってますが、まだまだモチベーションは保てているので応援し続けたいと思います。

jhljhrsf #- | URL | 2012.04.11(Wed)09:36 [ 編集 ]
いつぞやのオリンピックと一緒ですね。
ユニフォーム(制服)っていうものをなんだとおもってるんだろう・・・
と、試合の勝ち負け云々に関わらずみんな思ってるでしょうね^^;

プロは、小学生中学生といった将来の野球選手にとって手本であるべきだと思います。

ユウ #d3r4kFfU | URL | 2012.04.11(Wed)11:34 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ