イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

ペナントレースも3分の1近くを消化し、そろそろ上位グループと下位グループとの線引きがはっきりしてきた。
目下11年連続Aクラスをキープ中の我らがドラゴンズは、例年ならそろそろ優勝へ向かって手綱を締める頃だ。
まさにこれから佳境を迎えるペナントレース、皆様もさぞかし毎日野球を楽しんでいることだろう。

いちおう念のため、順位を確認しておこう。






・・・。




いやー、いくら「繋ぎの年」と言っても限度がある。
特に落合就任以降の新参ファンは、基本ドラゴンズは勝つものだと"錯覚"しており、
二桁借金だの最下位だのなんてものは未知との遭遇、まったく耐性が出来ていないのである。

では、いわゆるドベゴンズ時代を知っている古参ファンは現状を生温くも微笑ましく見守っているかと言うと、
twitterなどの反応を見る限り「たわけ!はよぉ高木なんか解任せんといかんわ!」などと
私を含めて連日球団への怒りをダイレクトにつぶやきまくっている模様だ。


新参にも古参にも見放された結果、ナゴヤドームでは連日閑古鳥が鳴いている。
それも「不人気」だと散々メディアが吹聴していた落合時代に比べても輪をかけて激減しており、
ファン離れを理由に落合色を一掃し、ジョイナスを打ち出したはずの球団の思惑は完全に失敗に終わった。

もっともジョイナスの裏に見え隠れする既得権の影やOB連中の天下り確保など、
「ファンのため」を大義名分にした一連の球団の工作は最初っからバレバレで、
奇跡的に高木監督がチームを若手中心のロマンあふれる常勝軍団に作り替えない限りは、
きっと観客も減るだろうし、そもそも高木監督にそんな手腕がないことは素人目にも明白であった。


なにしろ高木監督という人は、あの10.8で落合博満をして"ミステリー"と首をかしげる伝説の迷采配、
「キク山田」を炸裂させた張本人なのである。
おまけに今中、山本昌のWエースに加えて絶頂期の強竜打線をもってして4年間で2度Bクラスに沈んだり、
2003年秋には新監督候補に名前が挙がるや否や球団に「高木はやめろ」と脅迫状が送られてくるなど、
ダメ監督としてのエピソードには事欠かない(いい人なんだけどね)。

そんな高木監督だが、結果がどうあれ今季での退任をシーズン前に発表している。
つまり今年の秋には新しい誰かがドラゴンズの監督として迎えられるはずなのだ。
Mr.ドラゴンズもとい稀代の遊び人Tになるか、あるいは現役選手にしてタニマチ支持率No.1のYになるのか。
はたまた解説席で饒舌にいらん事までぺらぺらしゃべるあの2000本打者か——。

夏の声を聞く前に秋風が吹きつつあるペナントレースは置いといて、
新監督が発表されるその日まで、当ブログでは新監督予想やら何やらグラウンド外に注目してみようと思う。
それでは次回更新まで。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/979-14712533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。