イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

tyatan.jpg


キャンプ前夜祭


いよいよ明日からキャンプが始まる。
毎年この時期になると胸のワクワクが止まらなくなるが、
今季は球団史上初の連覇という目標があるだけに、
例年にも増して気合の入り方が強い。

ここから始まる長い旅路の第一歩。
選手達には怪我なく、かつしっかり底上げをはかり、
無事シーズンを迎えて欲しいものだ。

さてキャンプが始まるからと言って、
当ブログが何か変化するという事は無いのだが、
やはりオフと同様の視点で野球を見るのは少しつまらない。

そこで現状のドラゴンズの課題と目標を包括した、
2007年の「スローガン」を考えたので、
今日ここで発表しようと思う。

私の掲げる2007年中日ドラゴンズのスローガンは・・・、



"勝育"



である。
言葉の意味を説明しよう。

勝利を重視した野球を目指すなら育成には目を瞑る覚悟が必要であるし、
逆に育成に主眼を置いた野球を目指すなら勝利することは難しい。

実際、多くの歴代チームはどちらか一方に比重を占めて戦ってきたし、
二兎を追ったチームは一途をも得られなかったケースは山ほどある。
言わばプロ野球マネジメントにおいて「勝」と「育」は対義なのだ。

では昨今のドラゴンズはどちらに当たるのだろうか。
答えはスタメン野手の年齢をみれば明らか。
極端とも言える「勝利主義」である。

それは就任以来、落合監督が一貫してこだわってきた
「強いチーム作り」の結果であるため、
一概に誤りであったとは言えるはずもない。
実際、中日は「勝」に比重を置くことで、
3年間に2度のリーグ優勝を勝ち取ることができたのだ。

だが選手はやがて衰えるもの。
現在の主力野手も、せいぜいもってあと3年といったところか。
真の常勝軍団を築きたいのであれば、
そろそろ「3年後以降」を見据えた「育」にも力を入れなければいけない頃である。

幸い、中日の若手には新井、平田、そして堂上直と、
将来性充分の野手が数多くいる。

だがいくら将来性とセンスはあっても、
実戦、それも一軍の試合に出場しなければ、
到底レベルアップははかれないだろう。

そのためには「育」を重視した野球、
言い換えれば「勝」に目を瞑った野球を行う必要がある。

そう、これこそが歴代の監督たちを悩ませてきたジレンマであり、
また未だ解決法が見つかっていない永遠の課題なのだ。


あくまで個人的な見解だが、
現在の中日は、そんなジレンマを突き破り、
「勝」と「育」を絶妙のバランスで両立できる、
球史に残る黄金チームであると思っている。

落合博満ほどの男が「育」の部分を見落としているとは思えないし、
きっと耽々と「勝」と「育」を両立させる方法を考えているはずだ。

また前述したように、
現在の中日には脂の乗り切った主力選手が多く存在するのと同時に、
これからレギュラーが期待される有望な若手も多く存在している。

ここまでバランスよく両方が揃っているのは、
私の知る限り、球団史上初である。

結果は蓋を開けてみないと分からないが、
当ブログは2007年のドラゴンズの野球を
「勝育」という視点から見ようと思う。

育てながら勝つ、というよりは
勝ちながら育てる、という感覚が近いだろうか。

二兎を追うことは、その分リスクも大きいが、
もう中日は一兎だけ追っていれば良い次元は超えたのだ。

キャンプ前夜。
数年後の中日を支えるであろう若者達のサバイバルが、
今始まろうとしている。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんと、キャンプインの話題を聞くとワクワクしてきますね!
(ああ沖縄に行きたい・・・)
でもまだ開幕まであと約2ヶ月もあるんですね。待ち遠しいですね~

確かに今のドラゴンズは知将によって「勝育」の両立ができるチームだと私も思います。
そして、かつてない黄金期にあります。
そしてそして、選手の年俸もすごいことになってます(笑)
心配なのは球団の経営。破綻しなければ良いのですが。せっかく良いチームになっているのだから。

話がちょっと逸れてしまいました(笑)






2007/02/01(木) 10:05:54 | URL | みぽりん #uvcXFM.c[ 編集]
>みぽりんさん
球団経営の話については、福留問題と併せて記事を書こうと思ってるんですが、他に書きたいことが多くて、後回しになってます(笑)

今日からはTVなんかでも積極的にプロ野球の話題を取り上げてもらえるので、ファンにとっては楽しい時期になりますね!
2007/02/01(木) 21:19:54 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/98-bd9f4010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック