イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




2年前の退任会見以来、久々に“ドラゴンズの落合”が帰ってきた。
監督としてではなく、GMとして。そして落合は席上で「すべての責任は私にある」と言い切った。
「勝てるチームを作る、来季から優勝を目指す」。
あいかわらずの自信たっぷりの落合節。そうだ、この風格こそが落合博満という人なのだ。
2004年から8年間、毎日味わっていた懐かしい感覚が私の身体を貫いた。


さて、今朝のスポーツ各紙では早くも組閣にあたって具体的な名前が飛び交っていた。
佐伯に波留に高柳に長嶋清幸に......。
情報源は分からないが、大本営の中日スポーツも報じたためファンは当然鵜呑みにした。
この2年、中日スポーツに載る情報は確定済の最終情報だと信じ込まされてきたから。

だが落合はたくさんの報道陣の目の前で、嵐のようなフラッシュを浴びながらこう言い放った。
「色んな情報が出たみたいですけど、、、皆さんの情報はすべて間違っていると思います」
「皆さん」のなかには、もちろん中日スポーツも含まれているのだろう。
私はこの発言をもって、落合GM率いる新生ドラゴンズの2014年シーズンの幕開けを感じた。


落合は本来味方のはずの中日スポーツをも当然のように欺く。
場合によっては虚偽の情報を故意に流すことも厭わない、それがこの男の凄み。
グラウンド内外問わず、敵の嫌がることを第一に考える落合らしい撹乱戦術だ。

もし結果的に今朝のスポーツ紙の組閣情報が当たっていたとしても、
「今年のドラゴンズからまともなリークは望めないぞ」と敵に思わせただけでも充分効果的である。

もう心理戦は始まっている。
敵を喜ばせるだけの情報オープンを捨て去り、再びドラゴンズは不気味なベールに包まれた。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/984-761f7be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック