イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

楽天の日本一をもって幕を閉じた2013年プロ野球。
同時に鳴り響いたストーブリーグの開始ゴングは、いきなりドラゴンズファンの脳天を直撃した。




井端退団



既報の通り、中日球団が公式に「来季の契約を結ばない」ことを認めた。
過去4度の優勝に主力として大貢献、地味ながら中日の“顔”ともいえるスター選手だ。
1998年の入団から16年。中日一筋に一時代を築いた名手は、唐突にチームを去ることになった。

悔しい。ただひたすら悔しい。
他にやりようは無かったのか。こんな別れ方しかなかったのか。
思い出なんか一晩語り続けたって足りないくらいたくさんある。
今季の状態からして引退が近いのは察していたが、まさかこんな形になるなんて—。

当然ネット上でも反響は大きい。
楽天日本一関連の話題を差し置いて、アクセスランキング1位になっているニュースサイトもあるほどだ。
twitterや掲示板でも賛否両論さまざまで議論が巻き起こっている。
こんなに話題が広がっているのは、これが単なる戦力外ではなく、金銭絡みのワイドショー的退団だからだろう。


まず今回の退団を最初に報じたのはスポニチで、おととい土曜日のこと。
1億9千万から1億6千万ダウンの3千万を提示し、井端がそれを拒否。事実上の戦力外だと報じた。
すると翌日から提示額に差こそあれど、各紙が同じような記事を載せ、飛ばし記事ではないことが判明。
さらに秋季キャンプに井端が姿をみせず、球団関係者とも音信を絶っていると日刊が報じた。

この時点で内心覚悟してはいたものの、どこかでなんとかなるんじゃないかと。
16年も中日のために野球人生を捧げてくれた井端を信じていたのも確かだ。
しかし井端は中日を去ることを決めた。「金額ではない」という球団の説明が何を意味するのか分からないが、
詳しいことが何も明らかになっていない以上、我々は報じられている少ない情報で憶測を立てるしかない。
その上で井端にひとこと言いたい。
“ガッカリだよ”と。


2009年からの5年契約が満了した今季。過去5年間の成績をふりかえってみると、
とても毎年2億前後の年俸をもらうべき選手の成績でないのは一目瞭然だ。
球団としては5年も高額を支払って雇用を保障した上で、契約期間の成績が乏しくなかったため、
それに見合った額を提示したら頑に拒否された、という格好だろう。

おそらく井端的には「優勝に4度も貢献した功労者で、しかも手術をしたばかり。
もう1,2年やって納得したうえで引退したい。それまでは1億前後で養ってほしい」と言いたいのだろう。
球団も功労者であることを重々承知しているからこそ、戦力外ではなく3千万でも契約更新を提案したと思うのだが、
提示額に足をガクガク震わせたり、二番打者の三冠王(自称)を獲得したことのある大打者には論外だったのか。
普通なら戦力外じゃないだけありがたい、と感謝しそうなところだが。大打者の考えは凡人には理解できない。


球団はもっと選手を丁重に扱えという意見も多く見かけるが、丁重に扱いすぎた結果、足下をみられ、
異常な年俸高騰、球団の経営圧迫につながったのも事実である。
今回の引退劇に関し、現状の情報だけで考える限り、球団に非があるとは到底思えない。
報道の提示額で納得できないのなら、もう中日に井端は必要ないし、退団は仕方ない。

別れは寂しいが、井端に対して“ガッカリだよ”という気持ちの方が強い。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本当に,その通り
したかったのは,優勝ではなかったということなのでしょうか。
ファンに感動を与えることではなかったということでしょうか。
契約して,復帰までの時間と猶予を手に入れるのが何より大事なことだったのではないでしょうか。
新体制はありがたいものの,ここまでしなければならないほど,球団は追いつめられているということは,考えられなかったのでしょうか。
もっと厳しい条件でも契約した小笠原もいるのに。
タイロンのその後も知っているはずなのに。
選手のその先も十分に活躍してほしい人なのに。
とにかく寂しい限りです。

今からでも遅くない。
一時の感情が生んだ結果ならば,ひたすら謝って,心を入れなおして,戻ってきてほしい。
(出ていったときは別として)中村ノリをまじかで見ているのだから。
2013/11/04(月) 23:34:54 | URL | knkn #-[ 編集]
ダウンは仕方なし。でも、寂しいです。感情として残って欲しかったし、
残れるような交渉をして欲しかったです。あくまで私の感情論です。
現実的にはやむを得ないのはよくわかります。
2013/11/06(水) 09:40:57 | URL | ukon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/992-4736a017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック